バナー

派遣社員と契約社員のクレジットカード審査について

派遣社員と契約社員では、どちらがクレジットカードの審査に通りやすいでしょうか?厚生労働省が公表している平均時給のデータによると、派遣社員のほうが時給は高い傾向があります。しかし、同じ派遣社員でも専門的な仕事をしている人と、そうでない人では時給に大きな差があります。



契約社員でも、自動車工場の期間工のような仕事は、時給が高い傾向があります。

派遣社員と契約社員でどちらがクレジットカードの審査で有利になるかという問題は、ケースバイケースなので、考えることにあまり意味はないかもしれません。


大手の消費者金融のスコアリング審査では、両者は同じくらいのスコアポイントになるようです。
クレジットカードはアルバイトの人でも作れるので、フルタイムで働いている派遣社員や契約社員は、問題なく作れることのほうが多いでしょう。


しかし、枠が増えるほどリスクが高い人と見なされやすくなるので、何枚も持つことは難しいでしょう。


年収が高い人などは、クレジットカードを10枚以上持っているという話も聞きますが、派遣社員や契約社員の給料では、5枚くらいが限界になるかもしれません。



逆に言えば、2枚~3枚くらいを持つことはそれほど難しくないということでもあります。



自動車ローンを借りている人も多いと思いますが、年収に対して無理のないものなら、大きな影響はありません。


他に借金があるので不安な人は、キャッシング枠の希望欄は0円にしておきましょう。
キャッシング枠をつけると審査の難易度が上がる傾向があります。