バナー

クレジットカードは持っていたほうがいいのか

クレジットカードは非常に便利なカードですが、現金派は持つのを躊躇する傾向があります。


その理由として浪費が増えてしまう、利息がつくなどがあります。



クレジットカードを所有して浪費が増えるのは、気持ちが大きくなるのが原因なのです。

現金の場合だと給料日やボーナスまで我慢しようと考える方が多いでしょうが、クレジットカードならその場で購入できてしまいます。

分割払いにすれば実質ローンになるので、3回・5回払いなどが可能になります。手持ちのお金がなくてもモノ・サービスを購入できるのは大きなメリットでしょう。

ただ自己管理をしっかりと行わないと、浪費が増えやすい点は注意する必要があります。自身の消費傾向を把握し、浪費しないように自己管理ができるならカードを持つことにデメリットはありません。クレジットカード払いは必ず利息が発生するものではなく、1~2回払いは無利息でOKなのです。
つまり現金の代用として使えるだけでなく、ポイント制度によりお得なポイントが貯まってしまうのです。そのため使い方さえ間違っていなければ、カードを持つことによるマイナスはありません。
クレジットカードは基本的に2枚持っていれば問題なく、多くの方はメイン・サブを1枚ずつ持っています。


大切なのは自分がよく利用する店でお得に買い物できるかどうかです。



特定の店舗で5%割引になったり、キャッシュバックの対象になったりするカードもお得です。

実際に使用するシチュエーションを想定し、お得なカードを選んでいきましょう。