TOP > 脱毛で痛い部位とそうでない部位がある理由

脱毛で痛い部位とそうでない部位がある理由

フラッシュ方式やレーザー方式の脱毛は、全身様々な部位に施術が可能です。

施術を受けるにあたって知っておくべきこととして、部位によって痛みの強さが異なるということがあります。

フラッシュ方式やレーザー方式は、光やレーザーをムダ毛がある部分に照射して、毛根に熱のダメージを加えることで毛母細胞の機能を停止させ、ムダ毛を除去して再生しないようにするという脱毛方法です。
照射時の熱のダメージにより多少痛みを感じるのですが、痛みの強さは施術部位のメラニン色素の多さに応じて変化します。
メラニン色素とは皮膚や体毛に存在する黒色の色素のことであり、日本人の黒い体毛には確実に含まれています。

また皮膚にもある程度のメラニンが存在しているのですが、光とレーザーが反応するまでの多さではないため、脱毛時にはムダ毛がある部分にのみ熱のダメージが伝わります。

痛みが出やすい部位としてはデリケートゾーンが挙げられ、逆に痛みが出にくい部位は顔や背中などです。デリケートゾーンはムダ毛の量が多く、毛質も太くしっかりとしているためメラニン色素が他の部位に比べ多めです。

梅田の医療脱毛情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

また皮膚も黒ずんでいて皮膚そのもののメラニン量も多いため、照射時にムダ毛だけでなく皮膚にも熱が伝わりやすく、痛みが広範囲に広がりやすくなっています。

顔や背中に生えるムダ毛は細くて色素が薄い産毛ですので、光とレーザーの反応が出にくく、痛みは少なくなります。



ただしその分脱毛効果も出にくいため、他の部位よりも多くの施術回数が必要となることが普通です。



MENU